林修の今でしょ講座 脳の疲れを解消してスッキリ!自立神経を整える方法とは!?

2016年5月3日に放送された「林修の今でしょ講座」で、「脳の疲れ」を医学的に解消させる方法が紹介されていましたね。

日常生活を送る上で疲れは無視出来ません。
放っておくと病気の原因にもなりかねませんし、スッキリさせたいですよね。

今日はこの「林修の今でしょ講座」の放送内容をまとめてみました。

スポンサーリンク




「脳の疲れ」こそが疲れの正体!


今回は、大阪市立大学大学院の梶本修身先生が講義を担当。

一般的に、身体が疲れたと感じるときは「乳酸が溜まった状態」を想像する方が多いと思います。
しかし、梶本先生曰く、身体が疲れを感じるのは「脳」が疲れるからだそうな。

脳が「疲れた」という情報を身体に伝えることで、身体が疲れたと感じるというプロセスですね。

たとえ身体が疲れていないとしても、脳の司令によって疲れたと思い込む事もあるんだとか。
これ、とっても思い当たる節があります!笑

風邪を引いた時に身体がだるくという現象も、脳が身体を休ませようとするからだそうです。
「疲れ」というのは脳が強制的に身体を休ませるための機能ということです。


では、「脳の疲れ」って何なんでしょうか。
梶本先生曰く、脳の疲れとは「自律神経の調子が悪くなる」ことを指します。

自律神経とは、消化・吸収、発汗、脈拍などの無意識下で行われている動作の司令塔となる部分です。
この自律神経の調子が悪くなると脳が疲れてしまい、結果的に身体の疲れに繋がります。


脳を疲れさせる3大習慣とは?


私達の日常生活の中で、脳を疲れさせる = 自律神経の調子を悪くする習慣があるんだとか。
さっそく見ていきましょう。

1.長時間のパソコン・スマホの使用


文字情報を沢山見ると、脳は無意識にそれらを理解しようと働きます。
その結果として自律神経に大きな負担が掛かります。

2.ながら食べ


スマホを触りながらおやつを食べる「ながら食べ」もNG。
消化・吸収のプロセスを長時間続けることで自律神経の負担が大きくなります。

3.急激な温度差


過度な冷暖房の使用によって起こる急激な温度差も気をつけましょう。
体内で体温調整が頻繁に行われるため、自律神経の負担が増します。

自律神経が疲れて体温調整が難しくなることで冷え性が悪化する恐れもありますので、要注意です。

実は、熱い(42℃前後)お風呂に入るのも自律神経にとっては大きな負担になるんだとか!
お風呂大好き日本人代表の筆者としては驚きを隠せません(笑)

スポンサーリンク




自律神経の疲れを取る方法


それでは、「脳の疲れ」=自律神経の疲れを解消するための3つの方法を見ていきましょう。

1.食事


自律神経の回復に良い食べ物として、鶏のむね肉が効果的なんだとか。
「イミダゾールジペプチド」という、疲れを解消する抗酸化物質が沢山含まれているんだそうです。

食べる量の目安は1日100グラム程度、2週間継続して食べ続けることが大切だそう。
2週間鶏むね肉だけってキツい気がするんですが… ぜひお試しを!笑

なお、食事のタイミングについては、寝る3時間前までに夕食を済ませておくのがベストだそうです!

2.風呂


先述のように、42℃のお風呂は「脳の」疲労回復には向いていないようです。
自律神経に最も効果的なお風呂の温度は39℃だそう。

3.睡眠


寝る2時間前から部屋の明かりをオレンジ色にすることでいい睡眠が出来るそうです。
これは、人間の遺伝子的に「夕焼けを見ることで身体が寝る準備を始める」からだそうな。

まとめ


今日は「林修の今でしょ講座」で取り上げられていた「脳」の疲れの解消方法についてまとめました!

いきなり全てを変えるのは難しいですが、徐々に生活習慣を改善して快適な生活を送りましょうね!


最後までご覧頂きありがとうございました!


【関連記事】
林修の今でしょ講座 ナッツダイエット・健康効果が凄い!オススメの食べ方はコレだ!
林修の今でしょ講座 カビ対策に効果的な食べ物は○○○!? 梅雨の時期は要注意!!
林修の今でしょ講座 脳の疲れを解消してスッキリ!自立神経を整える方法とは!?
林修の初耳学 数学が一番大切な科目!現代文講師なのに…なぜ数学!?
林修の今でしょ講座 ゾンビ座り・5秒足踏みのやり方動画!臓器別ダイエットでくびれを作る!