シンゴジラは高評価!?つまらないと思う理由!

img_visual_jp-1-1.jpg

シンゴジラ 世間では高評価! しかしつまらないという意見も…


現在公開中の映画「シンゴジラ」の評価が高く、話題となっています。

およそ12年ぶりに東宝が手掛けるゴジラシリーズということもあってか、近年稀に見る高評価の嵐です!

しかし、筆者はその評価とは裏腹につまらないと感じました。

今日はその理由について書いていこうと思います。

※ ネタバレを含むので注意!

スポンサーリンク




シンゴジラがつまらない理由


シンゴジラがつまらない理由としてまず挙げられるのは、CGの迫力が足りないこと。

ハリウッド版ゴジラを観た後だと特にCGのクオリティの低さを痛感すると思います。

これの原因の一つとして、キャストが多すぎることが考えられます。

「シンゴジラ」では、総勢320名もの俳優さんが起用されているんだとか…

2時間の映画で320名、これって必要ですか!?

そのお金でゴジラをパワーアップさせましょうよ!!笑


次に思ったことは、人間ドラマとしての色が強すぎることです。

「シンゴジラ」は今までのゴジラシリーズとは異なり、ゴジラに対する日本政府の対応を事細かに描写しています。

これはこれで「リアルだ」といった評価もされているようですがね。

こっちは「もっとゴジラを観たい!」

と思ってたのですが…笑


まとめると、シンゴジラではなく人間たちが主役の映画になってしまったため、つまらないと感じたということです。

スポンサーリンク




シンゴジラの評価


シンゴジラは確かに今まで以上に「リアル感」を追求した作品となっており、それが高評価につながったのは否定できません。

「シンゴジラの出現とそれに対する日本の対応」

という人間ドラマを色濃く出していく以上、主役はシンゴジラではなく俳優さん達になっているということでしょうか。

それ故、怪獣同士の戦いを観てきた世代にとっては「ゴジラ」として物足りないと感じてしまうわけですね。

今までとは違って少し大人向けな「シンゴジラ」ですが、気になった方はぜひ映画館で観てみてくださいね!



【関連記事】
シンゴジラの評価!ヤフー映画では大絶賛の嵐!?
シンゴジラの評価 海外編!日本では高評価だが…?
シンゴジラの評価・レビュー!邦画史上最高評価が続出!
シンゴジラの評価、Yahooでは高評価!しかしある問題点が…?